〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
(地下鉄青山1丁目駅5番出口より徒歩1分)

ご相談受付中
受付時間:9:00~18:00
定休日 :土曜・日曜・祝日

お問合せ・ご相談はお気軽に

03-6403-5776

上司の与える影響

不安神経症?強迫性障害?

2020.2.13

→ 毎日のように心配や緊張・不安を感じて悩んでいる
→ 
恥ずかしい思いをするかもしれないという状況に強い不安や恐怖を感じる
→ 
不安や恐怖を感じる場所や状況を避けようとしてしまう

以上は、不安障害的な症状に出やすいサインのほんの一部ですが。

ある時の社員研修にての事例です。
『上司の顔が見えると、声が聞こえると、ドキドキしてしまうんです』

何があったと思いますか?
決して暴力を振るわれたとかではないです、勿論。あくまで業務上のやり取りなのですが・・・

そうなんです、なんていうことはない、その上司の方の言い方なんです。

「何書いてんだ?」「言ったことが無いじゃないか!」「勝手にやれよ、お前!」「バカかお前は!」

こんな言われ方をしたらどう感じます? しかも他の社員のいる前でですよ。
こういったやり取りの繰り返しから、いつしか心は恐怖を感じ、それを避けようととの意識が確立されていたようです。


結果、上部の → に書いた3つのような状況に陥ってしまったようで、その後今日に至るまでの本人の業務に取り組む意識は、もう残念な限りです・・・聞くに堪えなかったです。
そうなると当然ですが、モチベーションなんて上がるはずもなく、パフォーマンスも芳しくなくなるわけで、評価が落ちる、またアイツはダメだ・・・と。

人の気持ちを思うとか、立場関係なく人を尊重するなどの意識がない上司に限って、「コイツはダメ、アイツが悪い」となるんです。


このお話を聞いていて私の記憶の中で瞬時に蘇ったことがあります。
相当以前のことですが、当時勤めていた会社の社員が話していたことです、

『信号の角を曲がって社長の車が見えた瞬間、急にドキドキしてこのまま帰りたくなるんだよね・・・』

自分たちの言動が他者にどのような影響を与えているのか?
そこまでいかなくても、せめて『どんなふうに感じるのかな?』『どう思うかな?』ぐらいは意識してほしいと思いますね。

ましてや管理職は、業務の管理と共に(いやその前に・・かな)、社員を教育(教えて育てる)する義務があるわけですから、もっと「気を遣うこと」に、頭を働かせなくてはいけませんね。

ハラスメント対策、急がれます!

パワハラ対策をお考えなら

エスイープラン代表の江田です。
組織の問題解決はお任せください!​

パワーハラスメントやその他のハラスメント問題、それらは間違いなく企業の成長を止めてしまうであろう、とても大きな問題です。

「パワハラを未然に防ぎ、企業を成長させる」ということを念頭に、先ずはパワーハラスメントを正しく理解し、起こらないようにするためには何が必要なのかについて、組織上におけるポジションに関係なく、組織に属する皆さんに受講いただくことをお勧めいたします。

集合形式・個別形式問いません、お気軽にご相談いただけたらと思います。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6403-5776
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日