キャリアに関するご相談、人材育成・社員教育研修・セミナー等はおまかせください

FP・行政書士事務所

研修

2019.11.28 

研修

キャリア研修 ポイント②


【ビジネス(事業)の目的を理解しているか】

キャリアの充実を図っていくためには、自分が今関わっているビジネス(事業)の目的を理解しなくてはなりません。

何のためにその事業を行っているのか、目的・意図は何なのか? またそれを行ことによってどのような影響や効果がもたらされるのか?
そのことが分からずして、どうやってその組織や環境の中で、まして自分が処理する作業や取り組みから、何が自分の充実に繋がっていくのか?

よく「同じベクトルで・・・」 などの表現がされますが、言ってみればそれは組織と自分が目指す方向が一致している、ということに他なりません。
だからこそ、目標が達成できた時、成果を出せた時、あるいは対外的な対象者が満足を感じた時等、に組織と働く社員がその喜びを共有できるのです。

換言すれば、組織と個人の目指す方向が食い違っている状況においては、互いのメリットは無い、ということです。ましてや、組織と個人のパワーバランスの違いは言うまでもありません、いずれ個人の側が舵を切ること(切らざるを得ない)になるのです。
※再就職支援ビジネスを通じて、これまでたくさんの企業・組織の人事施策を目の当たりにしてきた小職の実感です

「事業の目的、会社・組織の方針や方向性をきちんと把握していますか? また、正しく理解しようとしていますか?」