キャリアに関するご相談、人材育成・社員教育研修・セミナー等はおまかせください

FP・行政書士事務所

自己分析

2019.04.01 

自己分析

価値観の棚卸し②


価値観の棚卸に際して使うツールとして、価値観のカードがあります。
20枚程度のカードに、仕事に関する文章が書かれており、その中から優先順位の高いものを選んでいくことからワークをしてもらいます。

マンツーマンでも実施はできますが、その効果を考えるとこれは数名のグループワークとして行うのがとても良いと思います。

人それぞれの価値観ですから勿論選ぶカードはバラバラになりますが、実際にはワークを行う実施企業の環境や、参加者の立場や職業領域によっても偏り傾向が出たりもします。


同じようなカードを複数人が選択したとしましょう。
一人ずつその選んだ理由を発表し合うと、同じような理由であっても微妙にそのニュアンスが違っていたり、そもそもが違う視点にて選んでいる、といった具合に、「大事な理由」がそれぞれ違うことに、参加者それぞれが気付いていきます。

ここが、このワークの最大の効果です。
それぞれが持っている固有の価値観ですから、人が人の価値観を否定することなどあり得ません。

「そういう考え方があるんですね・・・」 「なるほど~‥」
「その視点も大事かもしれませんね~・・・」


この段階で多少なりとも視野が広がっていることには間違いありませんし、一定の効果と言えます。
が、更に深化させるためには、その「得られた視点に改めて自分を置いてみる」ことです。

単なる人の考え・意見に留めておくのではなく、そこに自分を落として見た時に、「どんな自分が見えるのか?」

これが深化させる一歩です。

自分の価値観の再確認をすることで、これからのキャリア志向の幅を広げることが可能となります。