キャリアに関するご相談、人材育成・社員教育研修・セミナー等はおまかせください

FP・行政書士事務所

ブログ

2019.03.06 

ブログ

マルチキャリアの時代③


『副業はイノベーション』

副業というと、序でとか片手間といった印象があると思いますが・・・
(※ここでの副業は、単なる小遣い稼ぎや時間つぶしでのワークではなく、生業を意図したものと捉えます)

しかし今の時代、単なる言葉の意味や解釈ではなく、それを行うことの有用性・有効性といった部分に目を向ける必要があると感じます。

《生業=ビジネス》 として考えてみますと、
そのビジネスの意図・目的を据え、そしてそれを成功・拡大させる、という方向へ舵を切っていくのが当然でしょう。

つまり、営む個人は経営者となり、前回に書きましたが、まさにそれが『自分の仕事』『自分のための仕事』となるわけです。
そして 『責任』 が加わります。

自分が、自己投資(出資)したビジネスであれば、取り組む意識の高さ、意欲の強さ、労を惜しむことなく・・・ との姿は想像するに難しくはないと思いませんか?

様々な思考を巡らせ試行錯誤を繰り返し、ありとあらゆる情報・リソースを駆使しながら取り組んでいくはずです。

このような自立性を持った人材が仮に企業にいたならば、自己責任における経営者感覚を持った人材が企業にいたならば、様々なイノベーションが起こる可能性はとても高くなるのではないかと感じます。

このように、企業ビジネスの成功・拡大発展させていくためにも、副業を営めるようなフレームを創り、自立性豊かな人材を活用していくことは、これからの企業にとってはとても重要なことかもしれません。

それが叶えば、少なくても企業と個人が WinWinの関係に近づくような気もします。