キャリアに関するご相談、人材育成・社員教育研修・セミナー等はおまかせください

FP・行政書士事務所

キャリア研修

2019.01.27 

キャリア研修

管理職への研修


少し前になりますが、とある企業様より管理職向けの研修依頼がありました。

その研修依頼の背景について、色々とヒヤリングをさせて頂いた中で、次のようなコメントがとても印象的でした。

・ドラッガー方式でやればいいのでは? という課長級の人間がいたり、今更なんでそんなことを?というチームリーダーがいたり・・

・部下の連絡先も知らない役職者もいたり、その影響もあるのか部下の行動管理ができていない(テレワーク制度や個人情報管理の問題も一方ではあるが・・)

・評価面談での会話もままならない、公正な評価とはいえない内容で済ませたり・・

などなど。

その企業様は、クリエイティブな要素の強い業務の性質上、

「良いものを作ればよい」 あるいは 「専門性を活かして仕事をしているんだから・・・」や、「自分の専門パートはちゃんとやっている」

と言わんとするような雰囲気が蔓延しているとのことで、もう少し組織としての機能を確立したいとのことでした。


全てがそうだとは思いませんが、こと専門性の高い、あるいはエンターテイメント性が強い業務に関わっている環境を覗いてみますと、温度差はありますがそのような雰囲気を感じてしまったことが、過去何度かあります。

「名プレーヤー必ずしも名監督にあらず」

個人の考えるキャリアのあり方と、一方の組織のキャリア(構造)のあり方のバランスを根本的に見る必要があると思いましたし、企業としては役職・職位、管理職(マネジャー)の考え方もその前提として、しっかりとした見定めが必要だろうとも思います。

いきなり管理職研修を実施してみても、俗にいう「対症療法」的なことになってしまうため、その前工程から継続的な施策として実施していくことが望ましいのは明白です。

キャリアの多様化はますます進むと思われます、企業にはもっと大局的な視点から、組織と個人の在り方を考えた人事施策を図ってほしいものです。